【ネットで超速簡単】ネットでナイショで簡単にお金を借りれるモビット

借入限度額について

2018/02/18

◆借入はいくらまででできる?

まず、
各社の借り入れ限度額を見ると
4大消費者金融では

業者  貸付限度額
モビット:  800万円
アコム :  800万円
 プロミス:  500万円
アイフル:  500万円

などとなっています
モビットは最もたくさん貸してくれるところになっていますね。

でも、誰でもが限度額いっぱいまで借りれるとは限りません

◆総量規制とは?

借入限度額は年収によって決まる

・「年収の1/3までしか貸してはならない」ことになっています
また、
・「全ての貸金業者の借入合計が1/3」ということでもあります

 <貸金業者が個人へ貸し付ける場合には、指定信用情報機関の信用情報を利用した返済能力調査が義務付>
また、個人への貸付けについて、
(1) 自社からの借入残高が50万円超となる貸付け、又は、
(2) 総借入残高が100万円超となる貸付け
の場合には、貸金業者に年収等を証する資料の取得が義務付けられました。
調査の結果、総借入残高が年収の3分の1を超える貸付けなど、返済能力を超えた貸付けが禁止されました。

収入の質によっても変わる

・公務員などは安定した収入がありますから借入限度額も高くなります
それは、イザという時の「担保力=給与の額や信用力」があるということです
給与が安定して毎月必ず支払われるため、差し押さえることがしっかりとできるからですね。

・パートやアルバイト、非正規雇用では
やはり低くなる傾向があります。

前述のように、
①安定していない(労働そのもの=就業の確保などの面で)
②給与そのものが正規雇用に比べて低い傾向がある(これも社会的には問題だと思うのですが、、、)
とうハンデがあることは間違いありません。

・他社から既に借り入れがある
審査は不通過となる可能性が高まりますし
限度額が低く抑えられることになることが多いです。

何とかごまかせないか?

これは絶対に止めましょう!
審査は、「信用調査機関」へ照会されています。

・以前に未払いや滞納などのいわゆる「金融事故」を起こしていないか
・他からの借り入れの有無
加えて、支払い能力や担保力も計られます
・勤務先
・雇用形態
・不動産(居住環境や年数、持ち家かなどの担保力)

などがデータベース化されており、「必ず発見」されてしまいます。

さらに、嘘をつく、いわゆる「虚偽申告」ともなれば、
人間としての信頼度も極端に低下して審査は通らないでしょう。

ですから、
・相談してみる⇒何事も「絶対ということは無い」
・嘘をつかない
・小口でもいいから審査が通るところを探してみる
という努力が必要です。

自営業の場合

自営業はお金の借り入れが難しいと言われていますが、
実際にはその通りとなっています。

特に、
・業容が小さい
・資金繰りや決算における現金の保有状況など
・担保の状況
などで計られることになります。

しかし、調べた限りでは
「モビットで借りられた」例もありますから、一概に無理とも言い切れません。

そこは、
正直ベースで相談してみると良いでしょう。

本来、金融機関というのは、
資本主義社会において経済活動が安定、活発になるように、企業やビジネスに必要なお金を融通するためのものです。
TVドラマではありませんが、
困っているのを助けることも大切な役割です。

こういう場合には、
・事業者向けローンが用意されているので、それを使うのがベストです。

webから超速カンタンにお金が借りられる
【ネットで超速簡単】ネットで内緒で簡単にお金を借りられるモビット
■調査担当者

◆事故っ太郎
ギャンブル好きが高じて遂に資金繰りを銀行から消費者金融へと拡大、遂に金融事故を起こす。毎月の支払に冷や汗人生を送ってきた過去有り。
現在は、ネット上でキャッシング、クレジットのアドバイスを行っている。


◆完済girlのY子
ブランド好きで、派手派手生活がたたり、遂には消費者金融数社から多重債務に追われることに。
それでも、会社や家族に相談してなんとか完済。
女性の陥りやすい無感覚な買い物などにネットで警鐘を鳴らしている。

■アドバイザー

◆元大手企業の厚生課長
社員の生活までにわたる相談や手助けをしてきたベテラン。
仕事柄、金融機関にもコネクションがあり、情報も確か。
堅実なアドバイスでキャッシングなどのお悩みにお答えしています。

PicUp記事